スポンサードリンク

2007年11月04日

長澤まさみちゃん、ピンチ!! 許すな、周囲を悩ます“懲りない”明石家さんまのご執心

長澤肩.jpg長澤肩2.jpg

明石家さんま(52)と長澤まさみ(20)のダブル主演で前評判が高かった日曜劇場「ハタチの恋人」(TBS)が思いのほか苦戦しているのは、前回に書いたとおり。
28日の3回目の視聴率は9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、ついに10%を切ってしまったようです。

「さんまが演じているのは人気作家のフリをするさえないサラリーマン。長澤は作家が宿泊しているホテルのルームメーク担当で、2人がひょんなことから出くわすという設定です。そもそも、この設定に無理があるし、さんまの演技が浮いていてツラい」(ドラマウオッチャー)

そんなパッとしない内容に、さんまはさぞかし落ち込んでいる――。誰でもそう考えるはずだが、本人はまったく意に介していないようで、
撮影現場ではいつもハイテンションだという。かねて「大好き」と公言している長澤と共演しているだけで、十分元を取ってる気分なのだろう。

「長澤の所属事務所は、彼女がさんまにちょっかいを出されることを警戒して、ガードを徹底していました。ところが、さんまは“包囲網”
をかいくぐって、撮影の合間に、長澤とメールアドレスを交換したそうです。見事メアドをゲットできたことで、大喜びだったようです」
(関係者)

そして、こんな話も流れている。

「最近、さんまの愛車の黒のベンツの4駆『ゲレンデワーゲン』が、長澤まさみの自宅マンションの付近に現れるというのです。さんまを見かけたという後輩芸人は、“何でさんまさんがこんな場所に現れるんだろう”と不思議に思ったそうです。長澤にメールでもして、自宅近くまで行ってみたのかもしれませんね」(芸能ライター)

発売中の週刊誌が「ハタチの恋人」について〈さんまに長澤まさみを紹介するための接待で作ったとしか思えない『合コンドラマ』〉と書いていた。どうやらそれが核心か。

とにかく、さんま、これ以上長澤まさみちゃんに近づくと、許さんぞ!
posted by まさみ命 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 長澤まさみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハタチの恋人の三部作ならぬ三大要素とは?
Excerpt: このドラマのキャスティングはふーちゃん(森山リュウこと鈴木風太/市村正親)がカギを握っているように思えてならん。ふうちゃんをとったら残るのは長澤まさみの笑顔とさんまのスケベ根性だけである。 ..
Weblog: 沢村
Tracked: 2007-11-05 20:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。